1. 半分でできないか?
  2. 役所に経営感覚を導入。

    「人」「モノ」「カネ」「時間」あらゆるコストを『半分でできないか』



  3. 民間でできないか?
  4. 民間でできることは民間で、民営化できるところは民営化を。

    民間の経営ノウハウを生かすことで利用者目線のサービスを展開し、 堺に人・モノ・カネを呼び込み、堺の収入を増やします。

    【具体例】
    • 泉ヶ丘の活性化

      • 泉ヶ丘駅周辺の大規模投資を実施
      • 近畿大学医学部と大学病院の移転(2023年開業予定)
      • 緑地・公園を活用した再開発





  5. 大阪府と連携できないか?
  6. 住民密着型の街づくりを!

    大阪府と連携し、堺の役割を我々の生活に密着した医療・介護・教育分野に集中。 我々堺市民の声が政治に届きやすいシステムを目指します。

    【具体例】
    • 現代世代への投資

      • 働く女性への支援強化
      • 塾代女性、教育バウチャーの導入
      • 小中学校の学校選択制導入

    • 高齢者世代を起爆剤に

      • 高齢者の働き口を増やし、町を活性化
      • 待機高齢者ゼロへ

    • 堺を東西に結ぶ交通網の整備推進

      • LRT (次世代型路面電車) 整備を推進し、 アクセス改善により堺に人・モノ・カネを呼び込む

    • 乗り換えの改善

      • 南海電鉄・泉北高速鉄道「中百舌鳥駅」と大阪市営地下鉄「なかもず駅」のホーム直結を実現し 乗換を劇的に便利に

リンク

Ishin-No-Kai
Ishin-No-Tou