産業環境委員会で質疑を行いました! (2016年6月16日) 

5月25日に開会した5月議会。
今年度、私は産業環境委員会に所属することとなりました。

産業環境委員会では、堺市が税金を投入して行う補助事業全般、文化・観光政策、ゴミ問題、環境対策を主に扱います。
産業環境委員として初めに扱ったテーマは『堺市によるシャープ誘致について』です。

企業誘致のために巨額の補助金を投入する自治体がたくさんあります。
堺市も例外ではありません。企業誘致は『誘致』が目的ではなく、誘致後、永続的に堺市で企業活動を行っていただくことで、『堺市に収められる税金の増加を図ること』が目的です。

堺市も10年前、シャープ誘致に向けて多額の補助金を投入しました。
しかし、皆様もご承知の通り、シャープの経営は傾き、外資系企業鴻海(ホンハイ)に買収され、今後の経営の見通しは不透明です。
補助金で企業を誘致しても、その後の経営次第では、企業誘致の目的である安定した税収の確保が出来ない可能性があり、ここに補助金で企業誘致を行う限界があります。

堺市には、遅れている東西交通網の整備や切れ目のない交通網の整備、堺東周辺における中心市街地の活性化など多くの課題があります。
堺市に多くの企業が来ていただくためには、昔ながらの補助金で対応するのではなく、「堺市で企業活動をしたい」と思ってもらえる『まちづくり』に全力で取り組むべきです。

堺市議会議員として、企業が自然と堺市内に集まってくる、そのような街づくりを目指してまいります。

写真①.JPG

リンク

Ishin-No-Kai
Ishin-No-Tou